基礎体温

思索の試作。嗜好の思考。

手書きノートをiPad&Apple Pencilに集約させた

ノート好きにありがちな情報の散逸

紙のノートブックが好きで、お店で見たことのないもの、かわいいものがあるとつい買ってしまうことが多く、気がつくとノートだらけになっている。そんなわけでいろんなノートを使う結果、「あれはどこに書いたっけ?」ということによくなる。

 

「ノートは1冊に集約させろ」という教えがあり、そんな本もいつか流行ったがあれは個人的には正しいと思う。自分もなるべく1冊に集約させるよう心がけてはいて、実際それができている時期はわりとうまくいっていた。そのためにもモレスキンはじめちょっといいノートやノートカバーを買ったりしてなるべく1冊に集約させるようにはしているが、それでもつい目移りしてしまったり、肝心のノートを持ち歩いていなかったりで、結局情報の散逸は引き続いていた。

 

iPadに集約させてみてはどうだろう

あるときiPadApple Pencilに手書きノートを集約させることを思いついた。正確には思いついたというよりは、以前すでに何度か試していながらいつしかやめてしまったことを再度復活させてみようと思い立った。

 

手書きノートをiPadに集約させるうえでどのアプリを使うか。たいていの情報はEvernoteに集約させているので、手書きもまずはEvernoteを使っていたのだが、どうも書き心地が気に入らない。Apple標準のメモも使い勝手が合わない。それでいくつかのノートアプリを試した結果、GoodNotesを使うことにした。

 

GoodNotesのよいところ・改善してほしいところ

このアプリは書き心地がわりと好みということもあるが、自分が書いた内容を丸でぐるっと囲んでエリア選択し、それを移動させたりサイズ変更したりできるのがけっこう便利で重宝している。これは紙ではできない良さである。ノートに書いていると、バランスを見誤って右端のスペースが足りなくなり、1行でなんとか収めようと文字が小さくなったり、止むを得ずちょっとだけ改行したりすることが多いのだが、これならレイアウト位置そのものを移動して調整することが容易なのだ。

 

やや不便なのは、ノートの追加がさくっとできないこと。まずは「ノートブック」というカテゴリを作成し、その中にノートをつくっていく仕様になっており、その点ではEvernoteの「ノートブック」と「ノート」の関係に近い。ただEvernoteの場合、わりとさくっとノートをつくって書き、ノートブックへのひもづけを後から変えることがやりやすいのに対し、このGoodNotesの場合、まずはノートブックを選んでそこにノートを追加しないといけないので、すぐにメモを取りたい時などは不便に感じる。

 

もう1つ、自動的にクラウドに同期すると便利なのだが、いちいち「書き出し」をして保存しなくてはならない。iCloudDropboxに保存できるのは便利だが、自動的にクラウドにバックアップをとってくれると助かるのになと思う。

(私が仕様を知らないだけかもしれないので、もし違ってたらご指摘ください)

 

手書きをiPadに集約させたことのメリット

なんといってもノートの散逸が防げるのが一番のメリットである。iPadを常に携帯しているので「あれどこに書いたっけ?」「あのノート、今持ってない!」といったことがほぼなくなった。

 

Evernoteに書いているテキストでのメモと違って、手書きだと物事の関係性をビジュアルで表現しやすく記憶に残りやすいので、ノートを見返すと「ああ、これはこうだった」とすぐに思い出すことができる。

 

紙と比較したメリットとしては、すぐにデータ化(PDF化)して共有できることが大きい。メモした内容をPDF化してミーティング終了後にすぐメールで送ることも簡単にできる。紙だと写真に撮るかスキャンしないといけないので、これは意外と便利である。

 

また、ちょっとした企画書やウェブサイトのラフなどをパワポを使わずに手書きでさくっと共有したり、議論したりすることができるようになった。これは会社の規模や体制にもよると思うので誰もが真似できるわけではないと思うが、社内での共有や議論であれば手書きで十分なので、無駄なパワポ作成に割く時間をほかに回せるようになったのは個人的にはかなり大きい。

 

iPadで気になるところ

とはいえ紙に書くのが好きなので、iPadの画面にカツカツとApple Pencilで書く感触にはまだ違和感が残る。また打ち合わせ時にiPadにペンで書いているとちょっと気取った奴だと思われるのではないかということが、わりと気にはなる。

 

最大のリスクはバッテリーであろう。iPadの充電が切れたら終わりというのは紙とは違う恐怖ではある。また、Apple Pencilはバッテリーが切れてもiPadに刺せば数分で充電できるので便利だが、いざというときに充電が切れているとすぐに書けないので、まめに充電することが大切である。

 

まあなんにせよ、iPadに集約させてみて、今のところ思った以上にしっくりきているのでこれはまだ続くだろうと思う。あとは、GoodNotesを超えるアプリが出てくること(あるいは機能が向上すること)を願うばかりだ。

 

ちなみに紙のノート好きは変わっていないので、おもしろいノートやかわいいノートがあるとつい買ってしまう癖は一向に治る気配がない。

 

 

ホッピーにはキンミヤ

 

ホッピーという飲み物は基本的に焼酎で割って飲む。焼酎ならなんでもいいというわけではなく、キンミヤ(金宮)焼酎が一番良いとなかば公式に決まっているし、実際ホッピーとキンミヤとの相性はすてきだ。

 

なので、ホッピーがある飲み屋に行くとしても、そこの焼酎がキンミヤかどうかには気を配る。入る前に「焼酎はキンミヤですか?」と尋ね、そうじゃないときには別の店を探すこともある。

 

ただしキンミヤじゃないお店でも、ホッピーに合う焼酎を使っているお店もある。これは飲んでみないとわからない。あまりクセが強くないほうがホッピーには合うと思う。

 

通常はキンミヤじゃないが、プラス料金でキンミヤ焼酎に変えることができるお店も時々あるので、とにかくお店の人に聞いてみるのがよいだろう。

くらしとすまいの間

暮らし、住まい、建築、家、住宅」に関わる仕事をしてきた。それらをメインで実践するというよりは、実践者の傍らにいて、その様子や良さをなるべく多くの人に伝えようとする仕事をしてきた。それゆえ、私の立ち位置は領域の合間にあって、異なる分野や関心をそれとなくつなぎ合わせることに1つの存在意義があると考えている。

 

はじめに「暮らし、住まい、建築、家、住宅」という表現をしたが、これらを統合するような言葉があるといいなとずっと思っている。暮らしと住まい、家をゆるやかにつなぐ言葉。英語でいうと、homeが比較的それに近いのかもしれない。

 

暮らしと住まいをつなぐ言葉。ハードであり、ソフトであるような言葉。そんな言葉を見つけ出したいと思う。

 

 

コンテンツマーケティングに関する議論でどうしても話がかみ合わない人がいるのはなぜか

紙とウェブを含め、編集・コンテンツに関する仕事を十数年前やってきて、いまもいわゆるウェブの編集みたいなことをやっていますが、長い間ずっと違和感を抱いていることがありました。

 

コンテンツ、特に「コンテンツマーケティング」的な文脈においてよく感じる違和感。自社のコンテンツマーケをどうするか?みたいな議論をしていると、どうも大きく分けて2つのタイプの人間がいるような気がしてなりません。そしてその1つに個人的には大いなる違和感を覚えていました。

 

それはひとことで言うと、コンテンツが目的なのか手段なのかの考え方の違いに起因すると感じています。私は主に前者の立場を取るので、それゆえ後者の考えを持つ人と話をしているとどこかに埋められない溝を感じたまま終わることが多いのです。

 

両者の違いを、飲食店にたとえてみるとわかりやすいかもしれません。ある人は、ある時誰かにごちそうになったお寿司のあまりのおいしさに衝撃を受け、自分もとにかくおいしいお寿司を提供できるようになりたいと研究・修行して、自分のお店を出せるようになったとします。この人にとっておいしいお寿司をつくってお客さまに提供すること自体が大きな目的です。もちろん商売としてやっていくため儲けを出すことも必要ですし、より多くの人にこのおいしさを伝えるための業務拡大なんかもあるかもしれません。

 

もう一方の人は、飲食業でビジネスを成功させたいと思っており、地道なマーケティング調査をもとに、あるエリアにお寿司屋を出すことにしました。エリア近郊の調査もして、他店にない差別化ポイントもうまくつくることができ、お店は繁盛するようになりました。

f:id:lovevil:20170402151530j:image

 

前者の人にとっては、どうしてもお寿司じゃなくてはならない個人的な理由があり、ラーメン屋のほうが儲かるよ、利益率が高いよと言われたとしてもそれはきっと違うわけです。後者の人にとってもお寿司は大事なものであり、日々おいしさを追究していると思います。でも、この両者には大きな溝があると思います。前者の人にとってはおいしいお寿司を提供すること自体が目的であり、後者の人にとってお寿司はビジネスを成功させるための手段の一形態です。もちろん後者でも、いつの間にかお寿司の魅力にとりつかれて前者になってしまう方もいると思いますが。

 

話を単純化するため大きく2つのタイプに分けましたが、実際はこんなにきれいに分かれるわけではなく、一人の人間の中にこれらの要素が混ざり合っていることもあると思います。私の中にもこの2つの考えが共存しており、時に応じてその配分が変わったりもします。

 

この2つのタイプについて、どちらがいい・悪いと言いたいわけではありません。ただ、こういう2つの立ち位置があるということをあらかじめ認識しているだけで、コンテンツにおける日常的な議論がすっきりすることがあるかもしれないと言いたいのです。

 

コンテンツ、とりわけ「コンテンツマーケ」の議論をしているなかで、どうも根本的に話が通じない相手がいるときに、この目的と手段との立ち位置の差を意識することで、個人的には多くの部分がクリアになりました。

 

寿司そのものが目的の人に、粉ものの方が利益率が高いと言ってもあまり意味がないのです。それどころか、時には侮辱と取られてしまうことも覚悟しなければなりません。

 

コンテンツを手段と考えている人に、そのコンテンツを作るためにどれだけの手間ひまや想いが込められているかを滔々と語ってもあまり響かず、むしろ「費用対効果が悪いんじゃない?」とさえ言われてしまうのはそういうわけなのです。

 

くり返しますが、どちらかが良いとか悪いとかではありません。どちらも必要な要素です。どんなにおいしいお寿司をつくっていても、お客がまったく入らないお店では意味がありません。大事なことはこれら2つの、ある種相容れない立ち位置の違いを認識すること。そのうえで、両者の共存のあり方を日頃から模索することなのだと思います。

 

 

未完のユリシーズ

翻訳家の柳瀬尚紀氏が昨年(2016年)亡くなっていたことのショックがまだじんわりと残っている。

 

そもそも今年の正月に親戚の家へ行く途中のバスを待つ間にふらりと立ち寄った本屋で河出書房の分厚い『ユリシーズ』が平積みされていたからとうとう出たのかと即座に購入したのだが、それを読んで、遅まきながら柳瀬尚紀がすでに亡くなっていたことを知り、微かな虚無感に苛まれた。

 

ユリシーズの翻訳がとうとう未完のままだったこと、柳瀬尚紀が亡くなったことを半年あまりも知らなかったことへのショックが大きかった。20年ほど前、大学生のころに彼が翻訳するユリシーズを読み、これが完結する日を心待ちにしていた。時間はかかるだろうが、『フィネガンズウェイク』を完訳した彼のことだから、いずれユリシーズも完成させてくれるだろうと信じていた。特に第14挿話「太陽神の牛」をどういう文体で訳すのか、丸谷才一訳とどう違うのかを読むのが楽しみだった。

 

このことは私に、人はいつか死ぬということ、大切なことは死ぬまでに終わらせなければならないという、極めて当たり前のことを教えてくれた。
 

無い物ねだりをしても仕方がないので、彼が書いたジョイスに関する本を読み、彼が遺したユリシーズをゆっくりと読み進めている。少しずつ氷に溶けていくウイスキーをなめるように。

 

ユリシーズ1-12

ユリシーズ1-12

 

 



 

キーボードをHappy Hacking Keyboard(HHKB) Professional BTに変えることで、本当に執筆体験が豊かになるのか

すっかり手書きで文字を書くことが減ってしまった。手帳やA4レポート用紙を持ち歩き、なるべく手で書く機会を持つようにはしているのだが、それでもパソコンのキーボードで文字を打つ方が圧倒的に多くなってしまった。それだけにキーボードの品質は大事なことであるはずだが、まだまだ重要視されてはいないと感じる。

 
まあ、ペン1つとっても、こだわりを持って選ぶ人と使えれば何でもいい人とに分かれるので、いわんやキーボードをや、ではある。
 
 
以前、会社のノートPCをスタンドに立て、別のキーボードを接続して使っていたことがあった。その時に購入したのがHappy Hacking Keyboard Liteである。
 
 

ウェブで調べてみたところ評判がよかったのと、サイズがコンパクトなことが理由だった。金額もたしか5,000〜6,000円くらいだったのでまあ失敗してもいいだろうという感覚だった。色は白、日本語配列かな無刻印モデルにした。


とにかくコンパクトだったので、その分、机を広く使えるのが良かった。紙の資料を広げながら作業をすることが多いので、これは本当に助かった。

 

ただ、打ちやすさという点では、悪くはなかったがそこまでいいとは思わなかったというのが正直なところだった。また、打つ度にけっこう大きな打鍵音がするのがけっこう気になった。

 

それでもだいぶ長く使ったと思う。たまに使うのをやめたりもしていたが、足かけ4〜5年は使っていたのではないだろうか。最後はとうとう接続が悪くなってキーが効かなくなってきたので、席替えかなんかのタイミングで捨ててしまったが、十分元は取ったと思う。


今は会社でも家でもMacMacBookMacBook Air)を使っており、Macのキーボードの質感はわりと好きなので特にキーボードを買う必要性は感じていなかったのだが、どうも最近肩こり(首から背中にかけて)がひどくなっていて、姿勢にも原因があるのではないかといろいろ画策しているなか、キーボードの位置も良くないのではないかと考えるようになった。画面とキーボードの距離をもっと離したほうが良いのではないか、そうなると外付けのキーボードを使ったほうが良いのではないか、といったことを考え始めていた。


そこでキーボードについてウェブで調べてみたが、品質とサイズ感を考えると、Happy Hacking Keyboard(HHKB)以外にピンとくるものがない。ほかにあるとしたら、Macの外付けのキーボードくらい。


ただしHHKB Liteは先述の通り音がうるさいのがイヤだったし、また同じのを買うのもしゃくだと思った。さらにUSB接続だったのも意外と面倒だった。というのも、会社では打ち合わせすることが多く何かとPCを持ち歩くので、その度にUSBを付けたり取り外したりするのがわりと手間だったのだ。


そういう理由でLiteはなしだとするとHHKB Professionalの方になるのだが、こちらは2万円以上するのでなかなか手が出ない。モノがいいことは分かっているが、さすがに失敗できない金額なのでやはり躊躇する。

というわけでキーボード購入はいったん見送りとなっていたのだが、そんな時にたまたまこの記事を目にして、急に欲望が再燃した。


allabout.co.jp

HHKB ProfessionalのBluetooth無線バージョンが出た。これならiPadでも使える。しかも打鍵音はそこまでうるさくなさそうだ。黒は質感も良さそうで、モノとしてのクオリティもいい感じだ。


しかし、27,000円くらいするので、悩ましい。


公式サイトやAmazonレビューなども見て、20分くらい逡巡した後、結局Amazonで購入してしまった。最近、iPad Proを買ったばかりなので、懐はだいぶ痛い。だが、執筆・編集を生業とする者としては、キーボードは武士の刀のようなものである。確かに高いが「その分長く使える」という魔法の言葉を胸に、自分を半ば強引に納得させつつ、商品の到着を待った。


Amazonというのはありがたい。頼んだ次の日には届いた。


f:id:lovevil:20160507104229j:image

その後、会社や外にも持ち歩き、数日使ってみた。詳しいレビューは以下のような記事に譲るとして、個人的に感じたポイントを列挙したいと思う。


(参考記事)japanese.engadget.com 
japanese.engadget.com 

 

数日間、使ってみた所感

キーボードの打鍵音

打鍵音はLiteに比べるとうるさくない。Liteはカチャカチャうるさかったが、このBTはカタカタという感じだ。ただし上記のレビュー記事によれば、JP Type-Sと比べると高い音らしい。たしかに静かな環境だと少し気を使ってしまう程度の音ではある。多少の音は気にならない環境であれば、わりと心地よい響きだと思う。

 

Bluetoothの接続

はじめ自宅のMacBook Airにつなぎ、その後iPadにつなごうとしたらなかなかつながらなかった(HHKBが検出されなかった)。しかし、キーボードの電源を入れ直した後に、「Fn+Q」を押したら解決した。


いったん接続されると切れることもないし遅れることもなくスムーズ。やはり無線は便利である。ただし、PCを離れたところへ移動するなどしていったん接続が切れると、再度電源ボタンを押し直さないといけないのはやや面倒。できれば勝手に接続が復活するようになってほしい。

 

キーボードの質感

見た目、触った感じは高級感があって良い。持っててうれしくなる質感だと思う。打った感触も心地よい。iPadで使ってもストレスなく打てる。


また、見た目の印象より重いと感じた。持ち運ぶには少々重いかもしれないが、机で使用する分にはこのくらいの重さがあったほうが安定感がある。さらに背面の四角にゴムが付いているのでずれることがないのも良い。

 

MacBookとの相性

変な使い方かもしれないが、MacBookにくっつけてみたところ、サイズ感含め、わりとフィットした。

 

f:id:lovevil:20160507233540j:plain

f:id:lovevil:20160507234019j:plain


はたから見たら何をやってるのかという感じかもしれないが、けっこう快適。

 

執筆活動への影響

まだ買ったばかりでとにかく使ってみたいという思いが強いせいもあるが、キーボードを打つのが心地よいと文章を書きたくなってくる。これはお気に入りの万年筆と似たような効果かもしれない。


むしろ万年筆と違うところは、文章を書きたくなるというよりも、むしろ文章を連ねることへの抵抗感が少なくなる、という点にあるのかもしれない。


長めの文章を書くことに対してのハードルが下がる感じがする。これは、常日頃から文章を書き続けることが仕事の方にとっては、大きな差になってくるのではないだろうか。

 
先日、とあるベテランライターの方が、ライターが集まるFacebookグループに、爪をしっかりメンテナンスすることの大切さについて書いていたのだが、それを読んでなるほどと思った。長年、キーボードでの執筆活動を続けていると、爪や指先、指の関節などにガタがくるわけであり、あたかもスポーツ選手のように、それらをきちんとメンテナンスしていくことが、仕事を続けていくうえで重要なことになってくるのである。(おそらくプログラマーもそうなのだろう)
 
ということは、やはりキーボード選びは非常に重要なはずであり、このHHKBがベストな選択かどうかはわからないが、自分に合ったキーボードを使うことの大切さについては、もっと多くの人が意識的になっても良いのではないかと思う。

校正道具としてのiPad Pro 9.7

衝動買いというには、自分にしては随分と大きな買い物をしてしまったが、先日Apple StoreiPad Proの9.7インチを購入した。容量128GBのCellularモデル。Apple Pencilとキーボード(Smart Keyboard)も付けて。

 

www.apple.com

 

Apple Careも入れたらトータル15万円くらいになってしまい、これだったらMacbookを新調したほうが良いのではないかとも考えたが、やはりここはiPad Proを選んだ。

 

衝動買いの理由は、なんだかんだ言って単に欲しかったから、Pencilを思う存分使ってみたかったから、というだけに過ぎないのだが、自分自身にいろいろと言い訳をしているなかで一番それらしかったのは、「仕事に使えるから」という理由だった。

 

仕事にどう生かせるのかについての具体例はいくつか挙げられるが、そのなかでも主なものは、移動時間・スキマ時間での執筆やメールなどの作業。そしてもう1つが、記事や原稿の校正作業である。

 

特に後者については、これまで「ウェブ記事をプリントアウトし、ペンで校正を入れ、それをスキャンしてPDF化したデータをメール等で送る」という作業をすることがわりとよくあったので、この一連の作業がiPadとPencilによってだいぶ簡略化されるのではないかという思惑があった。

 

さて、実際に校正作業をやってみてどうだったかというと、当初の目論見はほぼ達成されたと言っても良いのではないかと思う。この点においては、衝動買いも悪くはなかったというのが現時点での評価である。ただ、まだベストな方法が見つかっているわけではないため、今後も試行錯誤が必要だ。

 

いま行っている方法は、有料アプリになるが、PDF Converterを使ってウェブページ等をPDF化し、PDF Expertを使いながらApple Pencilでページに赤入れを行うというものだ。

 

 

 

まだ不慣れなためファイルの保存に手間取りはしたが、校正作業自体は案外スムーズである。ウェブページを紙に出力するのと、それをスキャンしてデータ化する作業が省けたため、作業工程が短縮されたのはもちろんではあるが、どんな場所にいてもその場で校正作業ができるようになったことが個人的にはかなり大きい。

 

以前の方法であれば、まずはプリンターとスキャナーが必要だったため、出先でふと校正作業を行うということがしづらかった。そうするためにはあらかじめページをプリントアウトし、その紙を日頃から持ち歩いておく必要があった(実際、よくそうしていた)。いまでは、外出中でも、すぐに原稿に赤入れをして戻すことができる。

 

なお、書き心地が悪くないとはいえ、Apple Pencilで校正の赤字を入れるのは多少の慣れが必要ではある。しかしこれはすぐに慣れるので、こと校正作業に関してはそこまで大きな問題ではない。

 

ちなみに、PCで画面キャプチャーを撮り、そこに注釈を付けるかたちでコメントや修正指示を入れる作業もよく行っているが、これがiPad Proだとマウス操作ではなくペン(Pencil)あるいは指先でできるので、作業がだいぶ楽になり、かかる時間も短縮されるようになった。

 

ところで、手書きではなくキーボードを使った校正については、Smart Keyboardが役に立っている。しかし、社内の共有ツールとしてGoogleドキュメントを利用している現状からすると、iPadでのGoogleドキュメント操作(アプリでの)は、やたら重たかったり、 漢字変換がしづらかったりと、動作の不具合が多いので、かなりストレスが溜まる。ここは、一刻も早い改善が待たれる。 このあたりについては、改めて言及したい。