基礎体温

思索の試作。嗜好の思考。

家飲みの功罪

最近家で飲むことが好きになった。こう言うとどこかのハウスメーカーか家電メーカーのCMのようでいささか気持ち悪いが、事実、自宅で飲むことが増えた。

かつては家で飲むことはあまりなく、飲んでも週に一度缶ビール1本を飲む程度だった。私にとってお酒を飲む楽しさというのは、誰かと語り合う酒の場というのが愉しみであって、お酒そのものが純粋に好きというわけでもなかったので、家で飲むというのはあまり考えられなかった。ホームパーティーを催す度量があればまた話は別だろうが、そんな面倒なことをするくらいなら飲まない方がいいと思っていた。

もし自宅に石原さとみ井川遥のような飲み相手がいたら、事情は大いに違ってくるのかもしれないが、残念ながら我が家にお酒を飲める人間がいないため、もっぱらひとりで飲むことになる。

ではなぜ家で飲むようになったのか。

大体どこの会社にも、酒飲みの1人や2人はいて(実際はもっといるが)、酒好きたちはいつしかつるむようになる。私は酒の誘いは基本断らない主義なので、当然飲みに行く機会もたびたび発生する。

しかし、今の会社に転職して驚愕した。もともと人数の少ない会社とはいえ、お酒を飲めない・飲まない人ばかりだったのである。お酒を飲める・好きなのは私のほかは社長のみという恐ろしい環境になり、必然的にお店で飲む機会が減った。もちろん会社の同僚以外とも飲む機会はあるが、ふと帰りがけに「ちょっと飲んでく?」といった問いかけはほぼ皆無となってしまった。

さらに、今の会社に来てから、時代の流れというわけではないがなるべく残業はしないように心がけており、家に帰るのがこれまでよりも早くなったため、夜の時間に余裕が出てきたということもある。

そこで家でもちょこちょこお酒を飲み始めるようになるのだが、そうなると不思議なもので酒量は徐々に増えていく。以前は缶ビール1本で済ませていたが、もう1本もう1本と増えていき、酒の種類もホッピー、焼酎、日本酒、ウイスキーとバリエーションが出てきた。 もともと酒飲みである。飲み始めたら止まらないたちなので、だんだん歯止めが効かなくなってくる。お店と違って閉店や終電の心配もなければ追加料金の心配もないので、やめどきを見極めるのがより一層難しい。しかも酒の肴も自分が好きなものを買ってきたりつくったりするから、これがまた止まらない。飲めば食べたくなるし、食べれば飲みたくなる。地獄の無限ループである。

子供の頃、親戚のおじちゃんが毎晩焼酎を飲んでいるのをみて、何が楽しくて毎晩あんなガソリンみたいなのを飲んでいるのだろうと訝しく思っていたが、いまならあの気持ちがわかる。あれは生きることの楽しみであり、一日を終えるための儀式だったのだ。おじちゃんは毎晩ガソリンのような焼酎を飲みながら、何かを捧げていたのだ。

私は体のため生活のためを考えて、毎晩飲むことだけは避け、なるべく休肝日をつくるようにはしている。ひとり飲みの愉しみを知ってしまった今となっては、それが私にできるせめてもの抵抗である。